交通事故の被害者になってしまった

万が一交通事故で被害者になってしまった時は、加害者や保険会社だけに任せてしまう事は避けたほうが良いです。被害者側が当然の損害賠償を受け取れると思って相手側に任せてしまうと、なかなか納得の出来る解決は難しいです。

交通事故が発生して、その事故に対する損害賠償をしてもらうほとんどのケースが、保険会社の担当者に言われたままの支払いを受けています。

損害賠償についての知識を持つ人が少ない為、被害者はその賠償金額が妥当だという判断ができないという理由からです。

ですから、その損害賠償が妥当かどうかという知識をつける必要なのです。


交通事故の示談、自動車保険について

交通事故での被害者となった場合、相手方の自動車保険、つまり保険会社の担当の方からの提示された金額をそのまま受けるケースがほとんどです。交通事故をされて、示談や自動車保険の知識が少ないばかりに損をしてしまわないように、示談や自動車保険に関して知識を持つことをお薦めします。


copyright © 2006 自動車事故/交通事故、示談の手引きと自動車保険 All Rights Reseved