交通事故で示談交渉する前に!

交通事故の示談で保険会社の言う通りにしてしまって、本来受け取れるべき
お金を受け取れなかった
と言う方が非常に多いと言う事実。
もし交渉相手の手の内を分っていれば、交渉も有利に進める事が出来ます。
示談の前に知っておけば、数十万~数百万の違いが出る事もあります。
↓↓↓

自動車事故/交通事故の示談と自動車保険について

私達の身の回りに起きる危険のひとつに交通事故があります。平成17年度の全国の交通事故の件数が933,828件ですから、1日に2,558件交通事故が起きていることになります。 これ程たくさんの交通事故が起きているわけですから、私達もいつ交通事故に会うか知れません。その危険に対して示談と自動車保険について知識を持つ事が重要です。

交通事故の示談

示談交渉とは、損害の賠償金額を話し合いにて決定する事を言います。交通事故での、損害の補償は最終的にお金で解決する事になります。
交通事故での示談交渉において、被害者がとるべき措置とは、大きく2つに分かれます。 ひとつめは、損害賠償金額の算定です。ふたつめは、損害賠償金額の算定についての証明です。この2つがしっかりと準備されていれば、不当な賠償金額にて示談をしてしまう事はありません。

交通事故の被害者になってしまったら

万が一交通事故で被害者になってしまった時は、加害者や保険会社だけに任せてしまう事は避けたほうが良いです。被害者側が当然の損害賠償を受け取れると思って相手側に任せてしまうと、なかなか納得の出来る解決は難しいです。 交通事故が発生して、その事故に対する損害賠償をしてもらうほとんどのケースが、保険会社の担当者に言われたままの支払いを受けています。損害賠償についての知識を持つ人が少ない為、被害者はその賠償金額が妥当だという判断ができないという理由からです。ですから、その損害賠償が妥当かどうかという知識をつける必要なのです。

損害保険について

交通事故を発生させてしまった場合に使うのが自動車保険ですが、自動車保険も損害保険のひつとです。その損害保険について少し解説しましょう。保険のうち「損害保険」とは偶発的な事故や、風水害などの自然災害など、偶然のリスクによって生じた損害を補償するのが目的の保険です。「自動車保険」「火災保険」「地震保険」「傷害保険」など、目的別に色々なものがあります。「自動車保険」とは、自動車の使用に伴う損害を補償する保険です。「強制保険」と言われる「自賠責保険」もその1つです。「火災保険」とは、建物や建物内に収容された物品の、火災や風水害による損害をカバーする保険です。「地震保険」とは地震による災害で発生した損失を補償する保険です。(地震で発生した火災の被害は、火災保険では補償されません)1995年の阪神・淡路大震災以降加入の動きが広まったと言われています。「障害保険」とはケガにより死亡したときや、入院・通院したときのための保険です。「損害保険」の特徴としては、契約金額がどれほどであっても、実際の損害額を超えることがない点があげられます。また、一定額の保険金が支払われる仕組みである生命保険とは違い、損害額・過失の有無などによって保険金の保障額が変わる「実損払方式」が中心となっています。交通事故や台風や地震といった自然災害など、わたしたちの生活の中にある様々なリスク(危険)に対応する有効な手段が損害保険です。「備えあれば憂いなし」というのが、損害保険を表すよいキーワードといえるでしょう。

自動車保険とは

自動車保険とは、交通事故が起きた時の被害者の救済と、加害者の金銭的負担を救済する為の制度です。被害者の医療費や車の修理代、財物に損害を与えた時の補償費用等、事故を起こした場合は、加害者側が賠償する金額は莫大になります。その損害を補償する為のものです。もし交通事故をおこしてしまったら、やはり頼りになるのは自動車保険ということになります。 今、自動車保険は、たくさんの保険会社から選ぶことが出来るようになっています。自動車保険は、そのプランによって、たくさんの補償をしてくれますが、自動車保険の内容を理解せずに加入してしまうと、交通事故を起こしてしまった時に、必要な補償がされないということも起こりえます。ですから、自動車保険を選ぶ際は、自動車保険の内容をしっかりと理解して加入しましょう。

交通事故相談サービス

交通事故を起こしてしまった時に、助かるサービスのひとつに交通事故相談サービスというものがあります。交通事故相談サービスは、交通事故に関する相談事に対処するサービスで、インターネットで検索すればたくさん出てきますので、調べてみて下さい。 どの交通事故相談サービスも、たいていは弁護士等の法律に詳しい方々が担当していますので安心して利用することが出来ます。また弁護士等は守秘義務がありますので、相談ごとが他に漏れる心配もありません。 交通事故は、軽い物損事故ならば、あえて交通事故相談サービスを利用する必要もないでしょうが、人身事故ともなると問題は複雑になります。人身事故の程度も重傷となれば、加害者にとっても被害者にとってもさらに深刻となりますので、このときは交通事故相談サービスを利用することを強くおすすめします。 交通事故相談サービスを利用するにしても、まず事故が起きた時にしなければならない義務というのが、加害者にはあります。それは「自動車を停める」「負傷者の救護」「事故車の移動など、事故が続発しないような措置をとる」「警察に事故報告」「保険会社への事故報告」といった事です。交通事故を起こしてしまった加害者となってしまった場合は、相談することも大切ですが、これらを怠ることもないよう注意しましょう。

copyright © 2006 自動車事故/交通事故、示談の手引きと自動車保険 All Rights Reseved

外国為替 |医療事務 |社会保険労務士 |新会社法 |サマンサタバサ通販 |アバクロ通販 |プチ整形 |芸能人 整形; |交通事故 示談
大人にきび |ウィッグ通販専門 |結婚祝い |英語検定 |漢字検定 |パソコン検定 |倖田來未 |色彩検定 |貿易実務検定リンク